政府も副業を容認したことから、副収入に興味を持つことや、この時代において一つの収入だけでは厳しいと気づき始めている人も多くなっています。そんななか注目を浴びているのが株取引です。誰でも手軽に始められるのが魅力と言われています。しかし、誰でも稼げるわけではありません。基礎をおさえましょう。

仕手筋の罠にかかるな

グラフを見る男性

仕手筋は、大量の資金を投入して株式を媒介し、相場を自ら作り出すプロ集団の事を指し、その対象となっている株の銘柄は仕手株と呼ばれています。
一般的に、株価の単価が小さい銘柄が仕手株になりやすい傾向があると言えます。
仕手筋側から見ると単価が小さいほど、多くの株数の購入が容易にできます。
安い銘柄の株を購入すれば、投資する資金の自由度や流動性が高まる可能性が高まるからです。

また時価総額が大きくない銘柄は仕手株の対象になりやすい傾向にあります。
例えば、時価総額が大きい銘柄の場合、株価を上げるのは、相当な資金力が必要になってきます。
一方、株価が安く、時価総額がさほど大きくなければ、多額の資金を投入する必要はありません。
罠に掛からないようにするには、時価総額が小さく、株価が安い銘柄を見分けられるかどうかが重要なポイントとなります。

逆に仕手株になりにくい銘柄の特徴としては、極端に出来高が少ない銘柄と言えるでしょう。
理由としては、その銘柄の株を集めるまでに多くの時間を費やす必要があるからです。
仕手筋はある程度の株数を集めると売りや買いに罠をしかけます。
仕手筋側にとって株を集める際、多くの時間を要する事は嫌う傾向にあります。
出来高が多くなおかつ時価総額も大きい株、つまり主力株は、仕手化される可能性はほとんどないと言えます。

毎日の値動きが少ない上に、大きな時価総額が買い上がるほど、株を買い占めて圧力を作る事が困難になるからです。
この点は基礎知識として特に株の初心者は覚えて置くと良いでしょう。

仕手株はプロが主体となっているマーケットであり、値動きが激しく、売買動向を見極めるのは容易でない事から株の初心者には難しいマーケットです。
もし仕手株を購入する場合は、仕手筋の心理を見抜いて、慎重に投資をするようにしましょう。
潤沢な資金があり、短期の売買を好むプロの集団がいかに効率よく利益を生み出しているか。
相手の心理を読む事ができれば仕手株の特徴も見分けやすくなるでしょう。
これら仕手筋の罠などについて理解してもらった上で次はIPOについて詳しく紹介します。

IPOについて学びましょう

IPOとは、企業が株式市場に新規上場する事で、上場した株は自由に売買できるようになります。
尚、上場する際、新しく株式市場に売り出される株は新規公開株と呼ばれています。
IPOの投資は初心者でも容易にでき、勝率も高いという利点があります。

またIPOの申し込みが簡単にできるアプリもあり、スマートフォンなどを使ってIPO投資したいという方には必須なアプリと言えます。
しかし人気がある株でもあるため、買う場合は抽選になりやすく当選しにくいという点もあります。
しかしちょっとした工夫次第で初心者でも当選確率を大幅に上げられる方法があります。

そのひとつが、家族や知人などと協力する方法です。
例えば家族で応募すればその分、証券口座も増やせるので当選確率を上げる事ができます。
例えば夫と妻、子供3人の5人家族であり、同じ証券会社の口座を保有していれば抽選できる回数は5回となります。
尚、この場合、借名取引にならないよう注意する必要があります。

借名取引とは、家族の名義を借りて名義人になった上で取引をする行為です。
しかしこの場合、口座を保有している本人が取引を行えば問題ありません。

一方、株やFXの知識がある方はIPOにだけ資金を投入せず、他の投資に回してしまう心理が働く場合が多々あります。
真剣にIPO投資を行いたいのであれば、それのみに集中するべきでしょう。
なかなか当選できずに焦ったりイライラしたりして他の株に興味を示したくなる心理になる人もいますが、本気で投資をするのであれば我慢強く耐える事も必要です。
投資は欲を出しすぎると失敗しやすいので、上手くやるコツとしては前のめりにならずに、あくまで自分の生活の足しにするという考えで投資するのが良いでしょう。

関連記事